カレーの勧め【前編】

夏の暑さの中で食欲がなくなったときでも、カレーなら食べてみようという気になることがあります。暑い国・インドで生まれたカレーは、夏を乗り切るのにふさわしい食事です。今回は、そんなカレーについてのお話です。

●カレーの歴史

カレーの歴史はとても古く、紀元前2500年、インダス文明初期の時代にまで遡ると言われています。インダス文明が衰退して後、紀元前300年ごろからは、その後の支配者アーリア人の食文化の中に取り入れられていき、貿易が盛んだったこの国の食生活がアジアの諸国へ。さらに時間をかけて、15世紀ぐらいには東南アジアの諸国はどこでもカレーを食べるまでに広まっていったようです。

●日本のカレー

1863年(文久3年)、幕府の遣欧使節の一人、三宅 秀は、フランスに向かう船の中にいました。そこにはインド人も同船していたようで、その食事ぶりを見て、「飯の上に唐辛子細身に致し、芋のどろどろのようなものをかけ、これを手にて掻きまわして手づかみで食す……」と記しています。見たこともないカレーと、インド独特の食事作法に対して、当時の日本人がひどく驚いた様子が見て取れます。また、幕末には外国人居留地で暮らすイギリス人を通してヨーロッパ風のカレーも伝えられていたようですが、この当時カレーを知っていたのは、外国人に接する機会のある、ごく一部の人だけです。一般の日本人にも知られるようになるのは、明治時代に入ってからのこと。明治5年(1873年)には、「西洋料理通」「西洋料理指南」という2冊の本が出版され、そこにはカレーのレシピも紹介されているのです。日露戦争(1905年、明治38年)では、陸海軍で兵士達の食料として、カレーが採用されました。理由は、一度に大量につくることができて、日持ちがして、しかも栄養を補給するには最適な食事だったからです。そして、戦場でカレーを食べた兵士達が家に戻って各家庭にも普及し、明治時代後半には庶民的な飲食店でも扱われるようになっていきます。大正時代に入ると、タマネギ、ジャガイモ、人参などの他の野菜も使われるようになり、いまのカレーに近いものになりました。お店もいくつかできましたが、特に有名なのは、新宿中村屋のカレーですね。最高の食材でつくった中村屋のカレーは、当時としてはかなり高価なものでしたが、それでも多くのファンが付いたそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。