おいしい野菜の選び方

たくさん食べても低カロリーなだけでなく、旬の野菜には栄養もたっぷり含まれています。
今回は、おいしい野菜の見わけかたをご紹介します。
■ レタス
・ 軽くてふんわりしたもの…重いレタスは鮮度が落ちて葉がしおれ、苦みが出ていることがあります。また、葉の巻きがきつすぎるものも、葉がしんなりしていてなかの方がいたみやすいです。持った時にふわっと軽いレタスの方が、新鮮でシャキシャキです。
・ 明るい緑色をしている…濃い緑色のレタスは苦みが強い傾向があります。
できるだけ明るい緑色で、葉にみずみずしいつやのあるレタスを選びましょう。
■ 春菊
・ 色が濃いものを選ぶ…春菊は、濃い緑色のものの方がおすすめです。また、鮮度が落ちてくると葉が黄色くなったり、茎の切り口が乾燥して白っぽくなったります。
・ 茎が太すぎないものを選ぶ…茎が太い春菊はかたく、煮ても筋っぽさがのこるものが多いです。茎は太すぎず葉が茎の下のほうまでついているもののが、全体的に食感がよく煮ると柔らかくなるのでおすすめです。
■ レンコン
・ 真っ白なものは選ばない…真っ白なレンコンが売られていることがありますが、それには漂白剤が用いられている可能性があります。
黄色〜褐色で表面につやがあり、皮に傷がついていないものを選びましょう。
・ 丸みがあってずっしり重いものを選ぶ…古いレンコンは乾燥して水分がぬけて軽くなり、食感も筋っぽくなります。同じ大きさなら、より重いものを選ぶようにしましょう。また丸みのあるものは穴が小さめで肉厚であることが多く、おすすめです。
■ ダイコン
・ 緑と白の境目がはっきりしているものを選ぶ…大根といえば白いイメージですが、葉にお近く地表に出ている部分は緑色になります。この緑色の部分は栄養もたっぷり。緑と白の境目が曖昧なものは選ばず、緑の部分の色がはっきりと美しい大根を選ぶようにしましょう。
・ アタマは甘めしっぽは辛め…最近では半分にカットされた大根も売られています。葉に近い頭の部分は甘みが強く、根っこの部分は辛みが強くなっていますので、お料理の種類や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

いかがでしたか?
野菜によって見るべきポイントは違いますが、全てに共通しているのは“みずみずしくて艶がある”ということです。
上手に野菜を選んで、健康的でおいしい野菜ライフを満喫しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です