ショウガの効果

体をポカポカにしてくれる食材の代表といえば、ショウガですが、冷え性の方は意識的に摂取したいところです。体温が1℃上がると基礎代謝が700kcalも上がり、免疫力は5倍にもなるといわれています。ダイエット効果も感染症予防効果もあり、さらにがん予防にもなるということで、体を温めることはまさに良いことづくめですよ。 そこで今回は、ショウガが体を暖めてくれる仕組みや、効果的な摂取方法などについてご紹介します。
●ショウガのポカポカ成分とは?

生のショウガには、ショウガ特有のポカポカ成分『ジンゲロール』が含まれており、加熱したり乾燥させたりするとジンゲロールの一部が『ショウガオール』に変わります。どちらも体を暖める作用があるのですが、その仕組みには違いがあります。ジンゲロールは血液中に分散されると末梢血管を広げて、手先や足先を暖めてくれます。しかし体の深部の血流は少なくなってしまうため、深部の体温は実は下がってしまいます。一方、ショウガオールは胃腸を刺激して体深部の血流を増加させ、深部から体温を作り出す働きがあります。
●ショウガは生より乾燥で摂取

ショウガを摂取するときは、手先と足先を温めてくれるジンゲオールと、体の深部を温めてくれるショウガオールを両方摂取したいですね。両方の成分を効率的に摂取するためには、乾燥ショウガがおすすめです。乾燥して粉末になったものも売っていますが、皮ごとショウガを薄切りにして1〜3日天日干しするだけで簡単に乾燥ショウガを作ることができます。
電子レンジで作る場合は、600Wで8〜9分加熱しましょう。( ※電子レンジによってショウガが燃えることがありますので、注意しましょう。)この乾燥ショウガを煮出して紅茶を入れたり、お味噌汁を作ったりしてこまめに摂取しましょう。ミルサーで粉末にするとさらに使い易く、ショウガの食物繊維まで摂ることができるのでさらにおすすめ。

●美肌効果やがん予防の効果も!?

ショウガに含まれるショウガオールとジンゲロールには、活性酸素を除去する働きがあることもわかっています。体内に溜まる活性酸素は、皮膚と血管の老化やガンの原因物質になります。つまり、ショウガを摂取することで肌の老化を防げるだけでなくガンも予防できるということです。さらにショウガを摂取することで腸での脂肪と糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値と中性脂肪の急増を抑えることができますね。また、消臭効果もあるので体臭や口臭が気になる方にもおすすめですよ。


いかがでしたか。
乾燥ショウガを利用して、健康的でポカポカな体を目指しましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です