東日本の鍋

ちょっと季節外れかもしれませんが、暑い日が続いて、ご飯の用意が面倒な時、お鍋はぴったりだと思いませんか。毎日でも食べたいお鍋ですが、いつも同じ味では飽きてしまいます。そこで今回は、日本各地のご当地お鍋をご紹介します。まずは、東日本からです。
●北海道代表!石狩鍋

石狩鍋は北海道石狩市発祥の郷土料理です。鮭の身のぶつ切りとあら・キャベツ・タマネギ・豆腐・ツキコンニャクが具材として入っており、昆布でだしをとって味噌で味付けした汁で煮込みます。地元の方は食べる時に山椒をかけるのが一般的だそうで、山椒をかけることによって鮭の生臭さを消す効果があります。さらに、お店や家庭によっては酒粕・バター・牛乳などを加える場合もあり、よりコクが出たり、マイルドな味わいになったりするそうです。
産卵時に鮭が遡上する石狩川がある石狩市ならではのお鍋ですね。
●東北地方代表!きりたんぽ鍋

きりたんぽとは、秋田県大館市発祥の郷土料理のお鍋料理です。“たんぽ”を切ってお鍋に入れることから“切りたんぽ”→“きりたんぽ”という名前になったそうです。“たんぽ”とは、お米を固めに炊いてすりつぶしたものを、秋田杉で作った“たんぽ串”という串にくっつけて焼いたものです。お鍋の出汁は比内地鶏のガラからとり、比内地鶏・ササガキゴボウ・舞茸・長ネギなどの野菜が入ります。お米の名産地、秋田県ならではのお鍋ですね。
●関東代表!ちゃんこ鍋

ちゃんことは、お相撲さんが作る料理全般のことをさします。つまり、“お相撲さんが作るお鍋=ちゃんこ鍋”ということです。相撲部屋では大人数の料理を大量に作る必要がありますが、栄養バランスも大切ですし、経済的であることも大切です。そこで、明治時代末頃からは相撲部屋の料理といえばちゃんこ鍋が定番となり、両国の相撲部屋中に普及していったそうです。“ちゃんこ”という独特の名前は、相撲部屋の炊事を監督していた“おじちゃん”からきているそうです。
●北陸代表!かにちり

かにちりは、福井県を代表するお鍋です。濃い目のお出汁で煮込んだカニを頂く“かに鍋”とは違って、“かにちり”は薄味のお出汁で加熱したカニの身をポン酢で頂く水炊きの一種になります。昆布で出汁をとって、豆腐・白菜・シイタケなどの数種類の野菜を入れます。最初は薄味のお出汁ですが最後にはカニの出汁がしっかりと出てきて、雑炊やうどんが楽しめるそうです。越前ガニが特産である福井県ならではの郷土料理ですね。

いかがでしたか。お鍋はいつ食べてもおいしいですよね。
次回は、西日本代用の郷土鍋をご紹介します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です