西日本の鍋

前編では東日本のご当地お鍋をご紹介しました。東日本は、魚介系のお鍋が多いような印象がありましたね。つづいて、西日本のご当地お鍋をご紹介します。
●中国地方代表!牡蛎の土手鍋

牡蛎の土手鍋は広島県に古くから伝わる郷土料理です。現在では貝類と野菜を味噌味で煮たものを土手鍋と呼ぶことが多いのですが、本来の土手鍋とは、味噌と生牡蠣と酒だけで作られるシンプルなお鍋です。土鍋の内側に甘めの味噌を土手のように塗り、そこへ生牡蠣と酒を入れて火にかけます。すると牡蛎からおいしいお出汁が出てくるので、そこへ土手の味噌を好みの量だけ崩して味つけをします。昔ながらの土手鍋を作ることができる板前さんは数少なくなっているようですが、広島へ行けばまだ伝統的な土手鍋を提供しているお店がいくつかあるようですよ。
●近畿地方代表!関西風すき焼き

“すき焼き”というと東京のイメージが強いかもしれませんが、実は関西には関西風のすき焼きがあります。だいたいの作り方の工程は同じなのですが、関東風と関西風の違いは味つけの仕方にあります。関東風のすき焼きは牛肉を焼いたところへ“割り下”というすき焼き用のたれを入れるのが一般的ですが、関西風のすき焼きには割り下がありません。
牛肉を焼いたところへ砂糖をまぶし、その上から醤油と酒をかけ、さらにその上から野菜類を入れるのだそうです。食べるときには、溶き卵にくぐらせていただきます。
●九州代表!博多もつ鍋

福岡県福岡市の郷土料理として生まれたもつ鍋ですが、今やその名は全国に知られ、特にお酒のお供として人気のあるお鍋のひとつ。牛や豚のモツ・ニラ・キャベツ・ニンニクが具材として入るのが一般的で、もともとは醤油味の鍋でしたが、最近では白味噌ベースや塩味のもつ鍋なども登場してきているようです。さらにもつ鍋と言えば思い浮かぶのが、しめの“チャンポン麺”です。もつ鍋屋さんの常連客が、入れてみたいと言って持ち込んだのが始まりと言われていますが、今やもつ鍋には欠かせない相棒ですね。
地元では「医者いらず」と言われるほど、栄養たっぷりのお鍋だそうです。

いかがでしたか。調べてみると、紹介しきれないほどたくさんのご当地鍋があることがわかりました。旅行に行った際にはぜひ、現地のお鍋をお楽しみください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です