抹茶のお話

日本ではお馴染みの抹茶が世界中から注目されています。お土産として人気があるだけでなく、ニューヨークでは“お抹茶カフェ”がオープンするなど、その注目度は年々増している様子です。人気の理由はもちろんそのおいしさにもありますが、なんと言っても栄養価の高さが“ 和製スーパーフード ”とも呼ばれるほどで、世界中のセレブたちも日々の生活に取り入れ始めているそうですよ。

そこで今回は抹茶に含まれる栄養素とその栄養効果についてご紹介します!
●高い抗酸化作用

抹茶の抗酸化作用は、抗酸化作用が高いとされる緑茶のなんと10倍にもなるそうですが、それは抹茶に含まれるビタミンCとカテキンのおかげです。もともとビタミンCは熱に弱く、有効に取り入れることの難しい栄養素です。しかし、抹茶に含まれるビタミンCはカテキンと結びつくことで熱に強くなり、お湯をかけたり熱したりしても壊れにくい構造となっているそう。またカテキンは抹茶の苦みのもととなる成分で、高い抗酸化作用によってアンチエイジングやがん予防の効果があります。
●ダイエット・デトックスに効果的

抹茶に含まれる2大成分は、カテキンとテアニンです。カテキンは苦み成分ですが、一方のテアニンは旨味の成分で、抹茶のテアニンは緑茶の5倍も含まれるそうです。このカテキンとテアニンには高いデトックス効果があり、体に溜まった老廃物や有害物質の排出を促進してくれます。また、腸内環境を整えて善玉菌を増やす効果もあるため、便秘や軟便でお悩みの方にもおすすめ。
●リラックス効果・覚醒効果

抹茶に含まれるカフェインはドリップコーヒーの3分の1ほどで、しゃきっとしたいけれどカフェインの摂り過ぎが気になる方にも最適です。さらに、旨味成分テアニンと結びつくことによって同じ量のカフェインを含む飲料よりも穏やかな覚醒作用になることがわかっています。またテアニンには、血圧を下げる効果・脳神経機能を整える効果・リラックス効果・記憶力向上効果などがあります。しゃきっと覚醒しながらも神経をリラックスさせることができる抹茶は、仕事中にもおすすめの飲み物です。

いかがでしたか。
抹茶ミルクやグリーンスムージーだけでなく、お料理やお菓子にも大活躍の抹茶を、ぜひ日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

これぞ日本人の醍醐味です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です