スーパーフードのキヌアについて

美容や健康に関心のある女性たちの間で流行しているスーパーフード。その中の代表的なものに、「キヌア」という食材があります。海外セレブや日本のモデルさんのブログによく登場する食材で、最近ではスーパーマーケットの食料品売り場でも見かけるようになりました。そこで今回は、キヌアについてご紹介します!
●キヌアとは

キヌアはお米などの代わりとして食べられることが多く、1〜2㎜のプチプチした粒ですが、実は穀物ではなく「擬穀物 (ぎこくもつ) 」と呼ばれる雑穀の一種に分類されています。南米アンデス山脈の高地では3〜4千年前から食用として栽培されていたのですが、近年になってその栄養価に注目が集まるようになりました。その驚異的な栄養価の高さから、NASAはキヌアを「21世紀の主要食」と評価し、将来の宇宙食として研究を始めたのだそう。
●キヌアの魅力

キヌアの魅力は、なんと言っても「低カロリー&高タンパク」なことにあります!そのため、摂取カロリーを減らしてダイエットしたい方をはじめ、トレーニングを積んで筋肉をつけたい方にとっても非常におすすめな食材です。それだけでなく、精白米と比べて良質な脂質5倍・食物繊維8倍・カリウム6倍・カルシウム10倍・マグネシウム7倍・リン7倍・鉄8倍!さらに、緑黄色野菜と同じくらいの量の葉酸や、9種類全てのアミノ酸が含まれているなど、驚異的な量と種類の栄養素を含んでいるのです。
●キヌアのデメリット

キヌアは茹でたり炊いたりするだけで簡単に食べることができます。そのままご飯の代わりとして食べるだけでなく、サラダやスープに混ぜたりパンやクッキーなどにも使ったりすることができます。こんなに栄養豊富で調理も簡単な食材ならたっぷり摂取したいところですが、どんな食材でも摂り過ぎると害になることがあるので注意が必要です。キヌアには赤血球を破壊する成分であるサポニンが多めに含まれているので、大量摂取すると貧血を起こす恐れもあります。また食物繊維が豊富に含まれているので、摂りすぎるとお腹を壊す原因になったり、栄養を吸収しにくくなってしまったりする恐れがあります。
●世界の貧困を救う可能性

2013年に世界のいくつかの地域でキヌアに関するシンボジウムが開かれました。そこでは、キヌアが貧困地域の人々を栄養失調から脱却させる助けとなる可能性について話し合われました。健全な消費生産ルートが構築されて需要と供給のバランスが取れることや、飢餓や栄養失調の撲滅のために活用していくことが、これからのキヌアの課題と言えそうですね。


いかがですか。どんなに優れた食品も、正しい食べ方と適量をこころがけることが大切です。
大量に食べるのではなく、毎日ちょっとずつ取り入れてみてはどうでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です