アサリの勧め

潮干狩りシーズンがやってきました。この時期のアサリは、産卵前で餌をたっぷり食べているため、一年で最も身が太って美味しいのだそうです。そしてそんなアサリは、栄養もたっぷり!今回は、今が旬のアサリの栄養効果をご紹介します。
●貧血対策に!

一般的な貧血とは、赤血球やヘモグロビンの値が通常より低い「鉄欠乏性貧血」のことを指します。動悸や息切れ・疲れやすい・頭が重いなどの症状から始まり、ひどくなってくると、立ちくらみ・口角炎・爪の変形などの症状が現れます。貧血を改善するには、赤血球の材料であるヘモグロビンを増やすことと、血液そのものの量を増やす必要があります。アサリには、ヘモグロビンの材料となる鉄分や造血作用のあるビタミンB12が豊富に含まれています。また体内での鉄分の利用を促進する銅も含まれていますので、ヘモグロビンと血液の生成をさらに効率よくしてくれます。とくに妊娠中や月経前の女性は貧血になりやすいので、積極的に食べると良いでしょう。生よりも佃煮の方が、鉄分が3倍にも増加するそうですのでおすすめです♪
●肩こりや眼精疲労に!

パソコン・スマホ・ゲームのやりすぎで、眼や肩が悲鳴をあげていませんか。また最近では、深夜まで明るいコンビニやテレビなどの光の影響で、神経が休まらず、夜に熟睡出来ずに疲れを翌日に持ち越す方も増えています。そんな現代人に必要なのが、アサリにたっぷり含まれている「タウリン」です。栄養ドリンクなどにもよく含まれているので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?タウリンには、肝機能を改善して疲労物質の分解を促進してくれる働きがあり、さらに交感神経を抑制する働きがあるので、夜の熟睡にも役立ちます。さらにアサリに含まれるビタミンB12は、視神経を正常に機能させる働きがありますので、眼精疲労からくる肩こりにはとても効果的です。タウリンやビタミンは水溶性ですので、調理した煮汁ごと頂きましょうね。
●二日酔いの防止に!

二日酔いの予防には、飲酒中のおつまみと飲酒後のお味噌汁を工夫しましょう。アサリに含まれるタウリンには、胆汁の分泌促進や肝臓の酵素を助ける働きがあり、体内に入ってきたアルコールの分解を促進してくれます。また、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進するアラニンやグルタミンといったアミノ酸も豊富にふくまれています。おつまみには、胃からのアルコール吸収を遅くしてくれるバターを使ったアサリバターがぴったり。また、飲んだ後には、アサリのお味噌汁がおすすめです。味噌にはアルコールが脂肪となって体内に蓄積するのを防ぐコリンという成分が含まれているので、ビール腹の対策にも効果的です。
いかがでしたか。今が旬のアサリをおいしく食べて、健康的な毎日を送りましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です