美容的なフルーツの食べ方

フルーツは、食べるタイミングを選ぶことによって、美容効果を効率的に引き出すことができます。今回は、キレイになれるフルーツの食べ方についてご紹介します。冬のこの時期は、手でさっと皮をむいて簡単に食べられるみかんが旬ですので、フルーツを食べる習慣をつけるためにはうってつけの時期ですね。
●食事の前に食べる

ダイエット中の方は、フルーツを食事の前にいただいてみてください。フルーツは何とpなくデザート感覚で食べるイメージから食後に食べるという方が多いですが、美容的な観点からみるとおすすめは食前です。

食べ順ダイエットという方法が一時期ブームになりましたが、その特徴は生野菜から先に食べて、食物に含まれる「酵素」を効率よく摂取するということ。その代替としてフルーツが有効なのです。生のフルーツの酵素を食前に摂ることにより、そのあとでいただく食事の消化を助けてくれるのです。この方法であれば、外食の前にさっといただくこともできますし、「とりあえずサラダ……」なんて言わず、安心してお肉やお魚の料理を楽しむことができますね。
●寝起きに食べる
ビタミンや食物繊維など、体にうれしい栄養素がたっぷりのフルーツ。その恵みを効率よく摂取できるのが、胃に食物が残っていない空腹時であるといえます。つまり、寝ている間になにも食べていない寝起きは、それにうってつけなタイミングです。朝食を食べる習慣のない方は、ランチをいただく前に試してみてくださいね。また、体温が低く消化の力が弱いという方は、白湯で胃をあたためてからいただくようにすると良いでしょう。

いかがでしたか。摂取するタイミングを変えるだけで、果物のもつ栄養の効果を充分に活かすことができますので、試してみてください。
フルーツといっても種類がたくさんありますし、最近では、コンビニエンスストアでも気軽に手に入るので、手軽に始められそうですよね。
今日から、バッグにひとつ、みかんを忍ばせてみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です