日本のおでん【前半】

上の写真は、ある県のおでん屋さんのメニューです。みなさん、どこの県のメニューかわかりますか。正解は、黒はんぺんが入っているのが特徴の、静岡県のおでん。実はおでんって、地域によってそれぞれ特徴があり、とても個性豊かなんです。木枯らしが吹き始め、温かいおでんが恋しくなる季節になりました。家族みんなで鍋をかこんでハフハフするもよし、おでん屋さんでハフハフするもよし。おでんの湯気と香りは、全国共通の日本の冬の風物詩ですね。今回は、個性豊かな日本各地のおでんを二回に分けてご紹介します。

■ 北海道

・薄味の昆布だしで温めたおでんに味噌だれをかけて食べる
・ツブ貝やホタテ貝などの貝類やタラの白子など、魚介類が多めに入る
・フキやワラビなどの山菜類が入る
おいしい海産物の宝庫である北海道。おでんにも、たくさんの海の幸が入るようです。味噌だれもまた、香り高くおいしそうですね。
■ 東北

・東北でおでんを注文すると田楽が出てくることが多い
・青森では、温めたおでんにショウガ入りの味噌だれをかけて食べる
・仙台の有名なおでん専門店では、かんぴょうの鉢巻きを巻いたイイダコが入っている
実は、おでんのルーツは田楽です。煮込んで食べられるようになったのは明治時代を過ぎてから。東北地方の種類豊富な田楽は、江戸時代からつづく伝統の味です。海産物をはじめ、農産物の名産品も多い東北。その土地で採れた旬のものを熱々でいただくおでんに、心も体も芯から暖まりそうですね。
■ 関東

・かつおだしに濃い口醤油と砂糖で味付けした、甘辛いだし汁
・関東ならではの種といえば、「ちくわぶ」と「すじ」
・トマトやブロッコリーやアボカドなど、新しい種も登場している
まさに江戸っ子のおでん。最近では関東でも関西風のおでんを出すお店が増えていますが、東京、新橋駅のガード下や神田・浅草などの下町を訪ねると関東だしのおでんを出す名店がたくさんあります。はじめは色の黒いおでんに驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、黒い色は濃い口醤油の風味がしっかりと染み込んでいる証拠。香りが豊かで、実は関西風よりも塩分が控えめです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です