日本のおでん【後半】

■ 中部

・愛知のおでんは、八丁味噌で煮込んだり味噌だれをつけたりして食べる
・静岡のおでんは、「黒はんぺん」と「豚もつ」と「かつおのへそ」が特徴
・長野の山間部では、おでんにネギだれをかけて食べる
・日本海側のおでんには、貝類やカニやとろろ昆布が入る
中部地方は、太平洋側・盆地・山間部・日本海側と様々な地域にわかれるので、県によって食文化も様々。
長野県のネギだれ、愛知の八丁味噌、日本海のカニなど、その土地の郷土料理や名産物を活かしたおでんが多いようです。
■ 近畿

・おでんが関東から伝わったことから、“関東煮(かんとうだき)”とよぶ
・だしに薄口醤油を少量加えて味付けした、色の透きとおっただし汁が特徴
・大阪のおでんには牛すじや鶏肉が入り、コクのある味
・滋賀のおでんには「赤こんにゃく」が入るのが特徴的
現在、全国的に食べられているおでんは、関西風のおでんです。うどんのだしもそうですが、関西のおでんは、だしの風味が香り高く、上品な味。
大阪の牛すじも、全国的に新しいスタンダードになりつつあります。
■ 中国・四国

・香川では、多くのうどん屋さんにおでんが置いてあり一年中食べられている
・からし味噌やショウガ醤油をつけるなど、様々な種類のつけだれがある
・広島のおでんには牡蠣が入ることが多い
うどん屋さんにおでんが置いてあるほど、おでんに馴染みの深い四国。
おでんで一杯飲んで、うどんを食べて帰る居酒屋感覚のうどん屋さんが多いのが特徴です。
だしは、関西のものと同様、色の澄んだだしです。

■ 九州・沖縄

・九州のおでんはアゴや鶏ガラ。沖縄のおでんはソーキ(豚あばら)でだしをとる
・博多発祥の「餃子巻き」が人気で、九州全土に普及している
・熊本では、「馬すじ」が特徴的
・沖縄のおでんには「テビチ」や「ソーセージ」がはいっている
・沖縄ではホウレン草や空心菜などの葉もの野菜が入ることも特徴的

その県のご当地グルメの流れを次いだおでんも多いようです。四国と同様、うどん屋さんにおでんを置いている店も多く、九州地方の都心では朝までやっているお店も多数あります。

いかがでしたか。日本全国それぞれの地域ごとに違った味付けや種があり、「おでんの旅」に出てみたくなりますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です