水素水について

水素水とは、水素が溶け込んだ水のことを指します。二酸化炭素が溶け込んだ炭酸水と違って、水素水は発泡したり味に変化が現れたりするようなことはありません。一見ただの水にしか見えない水素水ですが、近年美容や健康にいいということでメディアや雑誌などで注目を浴び始めています。今回は、最近話題の水素水についてご紹介しますね。
■ 1: 水素水の効能

水素水は美容や健康にとって様々な良い効果をもたらすと言われていますが、中でも最も代表的な効果がアンチエイジングです。私たちの体は、完熟した果実がどんどん傷んでいくのと同じように、日々老化していきます。この老化を押し進めている原因物質が活性酸素であり、この活性酸素があらゆる臓器・脳神経・皮膚などの不調をもたらします。水素水はこの活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、血管や脳の病気の予防・アトピーの改善・美肌・ダイエット効果など、様々な効果があるという報告があります。
■ 2: 水素だけの特徴

抗酸化作用のある栄養素はポリフェノールやビタミンCなど色々ありますが、水素はこれらの栄養素にはない大きな特徴が2つあります。1つ目は、脳内や細かい血管の奥などの他の栄養素が届かない場所でも、水素なら届けることができるという点です。特に脳は細かい血管の集合ですので、活性酸素の働きによって血管が詰まり、脳梗塞などの死につながる非常に危険な病気を引き起こしてしまいます。2つ目は、あらゆる抗酸化物質の中でも水素だけは、悪玉活性酸素と善玉活性酸素を見分け、悪玉活性酸素だけを除去することができるという点です。善玉活性酸素は私たちの体をウイルスや細菌から守ってくれますが、一般的な抗酸化物質はこの善玉活性酸素も除去してしまうのです。さらに水素は他の栄養素よりも圧倒的に抗酸化作用が強く、ポリフェノールの200倍以上の力があるとも言われています。
■ 3: おすすめの飲み方

水素水を選ぶ時には、ちゃんと水素が含まれている製品を選びましょう。というのも水素は宇宙で一番小さな物質なので、ペットボトルやアルミパウチなど、あらゆる物質を通り抜けて逃げてしまいます。常に作りたてを飲めるタイプや、水素が逃げない工夫を凝らした容器に入れられているタイプを選ぶことが大切です。また水素は身体に溜め込むことができないので、毎日まめに摂取することが必要です。人が1日に摂取する理想の水分が1.5ℓ~2ℓと言われていますので、毎日1.5ℓ程度召し上がるのがおすすめですよ。

いかがでしたか。水素水は、普段飲む水の種類を変えるだけで大きな効果を得ることができると言われています。自分に合った商品を見つけて、取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。