調味料をさらさらにする方法

お料理をしようと思ったら、調味料いれの中で砂糖と塩が固まっていた……なんてこと、ありますよね。砂糖や塩はすぐに固まってしまうので、たたいたり砕いたり、保存容器と格闘する羽目に。今日は、固まってしまった塩や砂糖を簡単にサラサラにする方法をご紹介しますね。
●砂糖がかたまってしまったら……

食パンを一切れいれる
保存容器のなかに、適当な大きさにちぎった食パンをいれます。そのまま半日ほどおくと、かたまった砂糖がサラサラになります。砂糖をサラサラにするには適度な水分が必要ですが、食パンに含まれる水分が砂糖をサラサラにしてくれるのです。使った食パンは湿気が飛んでそのままでは美味しくありませんが、フレンチトーストにすると美味しいですよ。
この方法は、塩の保存にも利用できるので試してみてください。

・霧を吹いて密閉する
固まってしまった砂糖に霧を吹き、ビニール袋に入れて密閉します。
すると固まってしまった表面の砂糖が溶け、サラサラになりますよ。

●塩がかたまってしまったら……


・加熱する
塩は、湿気を含むとベタついて固まってしまいますが、その場合、熱を加えて水分を飛ばしましょう。加熱容器に移して電子レンジにかけるか、乾いたフライパンでから煎りすれば、簡単にサラサラに戻すことができます。

・食卓塩の場合は米粒を入れておく
食パンをいれておく方法と同じ原理ですが、食卓塩の瓶の中に少量の米粒をいれたまま保存すると固まりにくくなります。

また、塩は密閉容器にいれて外気の湿気に触れさせないことで、美味しさを保ったまま保存することが可能です。温度変化に弱い砂糖の場合は、同じく密閉容器にいれて冷蔵保存することでサラサラの状態を保つことができます。
工夫して、使いやすい状態に保っておくと手間がかからず便利ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です