野菜ジュースと生野菜の違い

生野菜には人間に必要な栄養素が含まれており、野菜ジュースにすることでよりたくさん摂ることができます。食材の一つである野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維といった私たちの健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

 ●野菜を一日350g以上摂るなら野菜ジュースが最適

体の健康を維持するために、野菜は1人1日あたり350g以上摂ることが望ましいと言われていますが、毎日1人1日あたり350g以上の生野菜を食べることって相当難しいと思うのです。そこで頼りになるのが野菜ジュースというわけですが、生の野菜と比べると栄養素は少々違ってくるようです。サラリーマンやOLは外食が中心となってしまったり、仕事が忙しくてゆっくり食事をする時間がない時など、生野菜の代用として野菜ジュースを飲んでる方も多いのではないでしょうか?ビタミンやミネラルなどが含まれ、β-カロテンやポリフェノールなどの成分も含まれているので、野菜ジュースでも栄養の摂取が期待できそうな気がします。

 ●生野菜と野菜ジュースには違いがある?

生野菜を食べることでかむことが脳を刺激させることにもなりますが、最も違うのは食物繊維の「量」とビタミンCにあるといわれていますよ。

生野菜に含まれる不溶性食物繊維は便秘解消などに効果を発揮する他、食物繊維が腸を刺激することでぜん動運動も活発になり、腸内に溜まった老廃物をスムーズに排出する作用があります。

しかし、野菜ジュースにしてしまうと、加工する過程で裏ごしするために食物繊維が減ってしまい、本来の生野菜から得られる効果を最大限に得るこが出来なくなってしまうのです。

また、ジュースに加工する段階で熱によって野菜に多く含まれるビタミンCが壊れてしまうことがあります。本来生野菜を食べることで、味覚を楽しみながら、かむことで脳を刺激し健康にもなれるのです。

 不足した分を野菜ジュースで補うという考え方で、上手に生野菜と野菜ジュースを活用してください。

●食物繊維たっぷりの生野菜と野菜ジュースの違いは食感

食物繊維たっぷりの新鮮な野菜を食べて、脳に美味しい刺激を与えましょう。

体の健康作りに欠かせない、新鮮な野菜が全国の農家で作られています。

 野菜を作っている人の顔や、野菜へのこだわりを感じてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。