インバウンドを意識したパン開発①

近年、日本に来る訪日外国人が増えていることは、多くのメディアでも取り上げられています。今まで人気だった富士山、京都などの有名観光地に加え、地方都市にも訪日外国人の姿が見られるようになりました。東京オリンピックを控え、増え続ける訪日外国人にフォーカスした商品開発は集客数アップに寄与することが期待されていますよね。

●増え続ける訪日外国人

2001年には477万人であった訪日客が、2016年には2,404万人と4~5倍近くにも跳ね上がっています。(出所:法務省資料「年別 訪日外客数, 出国日本人数の推移」より)政府はさらに訪日外国人を2020年には4,000万人、2030年には6,000万人に増やす目標を掲げています。

訪日外国人が増えることで注目したいのが、旅行中に使うお金です。2016年の訪日外国人旅行消費額は、前年2015年比7.8%増の3兆7,476億円と過去最高を更新、今後も増加する見通しです。

このように訪日外国人をターゲットとするマーケティングに特化しても、十分採算にあう時代が到来しつつある中、パン屋はどのような商品やサービスを提供することが効果的なのでしょうか、一緒に考えていきましょう。

●訪日外国人をターゲットとした成功事例

温泉地のパン屋さんの成功例についてご紹介します。一見普通のパン屋さんで、パンの品ぞろえについても特別な名物があるわけではありませんでした。しかし、綺麗でおしゃれな外観内装、テラス席に加えて、温泉地ならではの足湯を設置したところ、外国人も列をなす人気店となっています。欧米を中心に、パンは主食として世界中で親しまれている背景もあり、足湯というアミューズメントと融合することで、成功した事例です。

このように観光地ならではの環境を生かすことで、世界中にある「パン屋」であっても「日本のこのパン屋にぜひ行きたい」と感じる演出が可能になります。インバウンドにフォーカスしたパン屋を創り上げる上で、外国人のイメージする「日本」の雰囲気を楽しめることは大きな強みとなるでしょうね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です